アルファード30系の中古車を買うならハイブリッド?モデリスタは買い?

トヨタ・アルファードは2015年1月から30系のモデルが発売開始されていて、現在は中古車販売サイト等でも30系モデルのアルファードが見つかることもあります。

中古車のアルファード30系はモデルやガソリン車、ハイブリッド車の違いなどで大きく値段が違っていますが、新車と比べて価格を抑えながらグレードの高いアルファードの購入が狙える可能性もあります。

今回はアルファード30系の中古車購入で気になるポイントについて紹介していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

アルファード30系の中古車市場はどうなっている?

アルファード30系は2015年発売開始と新しいモデルの車ですが、インターネットの中古車販売サイト等でも登録数が多くなってきています。

2008年から販売されているアルファード20系と比べると数は少なめになっていますが、2015年に販売された30系の初期モデルなら中古車市場で多く見つけられます。

アルファード30系はガソリン車、ハイブリッド車共に中古車市場で見つけられますが、特に新車価格が低かった「モデルX」、「モデルS(エアロ仕様車)」、「モデルG」は中古車販売サイト等で見つけやすくなっていて、中古車購入の候補に入れやすくなっています。

モデルX、モデルS等の中古車はガソリン車だと状態によって260万~見つけることも可能となっていて、ガソリン車仕様のモデルXは約300万前後、モデルSは330万前後、モデルGは360万前後ほどの価格帯で中古車が見つけやすくなっています。

ハイブリッド車モデルの場合、モデルXは大体350万、モデルGは約400万近くで売られていることが多くなっていて、ガソリン車より価格そのものは高くなりますが、新車価格と中古車価格の差は80万~100万と大きく、お得感がある、という考え方もできます。

さらにアルファード30系には、外装、内装などの装備ランクが高い「ExecutivLounge」というモデルも発売されていて、ExecutiveLoungeも中古車市場に流れています。

ExecutiveLoungeのガソリン車の場合、安ければ400万円台で見つけることもできますが、基本的には500万以上の価格が付きやすく、各モデルの中古車と比べると値段がかなり高くなっています。

ハイブリッド車のExecutiveLoungeも500万円台から見つけることが可能となっていて、高ければ600万以上となることもありますが、燃費が良く、装備ランクが高いアルファード30系を求めている場合には、候補に入る可能性もあります。

また、アルファード30系は2018年1月から後期モデルが発売開始されていて、後期モデルが中古車市場に流れていることもあります。

しかし、後期モデルのアルファードは値段がかなり高く、台数も多く見つけ辛いので、現状では、中古車でアルファード30系を買うなら2015年から発売されている前期モデルのほうが候補に入りやすくなっています。

アルファード30系は中古車市場でも、2018年現在においてはは多く見られるようになっていて、2018年から販売の後期モデルは見つけ辛いものの、2015年から発売されている前期モデルなら見つけやすく、状態やグレードなどの選択肢も広がりがあるため、購入を検討しやすくなっています。

スポンサーリンク

アルファード30系の中古車を買うならハイブリッドとガソリン車ではどちらがお得?


引用:https://toyota.jp/alphard/compare/

アルファードはハイブリッド車、ガソリン車の2つのタイプが発売されていて、新車購入時の価格はハイブリッド車、ガソリン車で大きく違っています。

中古車でもハイブリッド、ガソリンの違いによって値段が大きく違っていて、安く購入したいならハイブリッド、ガソリンのどちらを選択するかも重要になります。

アルファード30系を中古で購入する場合、本体価格を安く抑えるなら「ガソリン車」の方が候補に入りやすく、ハイブリッド車は候補から外れやすくなっています。

アルファード30系の中古車でガソリン車のほうがお得になる理由として、アルファードに限らず、ハイブリッド車は新車販売価格がガソリン車に比べて高くなっていて、中古車で購入する際も基本的にはハイブリッド車はガソリン車より値段が高くなります。

新車購入の場合、アルファード30系はガソリン車とハイブリッド車の同モデルでも値段が100万近く違っていて、中古で購入する場合も同じぐらいの値段差ができる場合があります。

※ただし、前述のように30系に関してはハイブリッド車の中古車の値下り額がガソリン車よりも大きくなっています。

アルファード30系は中古車で買う場合、ハイブリッド車はガソリン車に比べて高く売られていることが多いので、値段を抑えて購入を考えているならガソリン車を選んで購入を検討してみるのがいいでしょう。

ちなみに、燃費面ではガソリン車がリッター9キロ、ハイブリッドがリッター12キロ(みんカラより)と、3キロの差があります。

なので、仮に1万キロ走ったとすると、ガソリンの消費量にして約280リットルの差が出ますので、コスト的には39,200円(レギュラー1リットル140円計算)、約4万円の差がでます。

10万キロで40万の差。

どのくらいの距離を乗るか、総走行距離をどのくらい引っ張るかによって考え方は変わってきますが、仮に10万キロそこそこで乗り換えを検討する予定の場合には、やはりガソリン車のほうがお得かもしれませんね。

スポンサーリンク

アルファード30系のモデリスタを中古で買うのはアリか?


引用:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/

トヨタ社は自社の車に装着できるカスタムパーツを発売する会社として、「トヨタモデリスタインターナショナル」というグループ会社を作っていて、アルファード30系にもモデリスタからカスタムパーツが発売されています。

例えば、アルファード30系なら、エアロボディが採用されたモデル向けに作られた「フロントスポイラー」、「サイドスカート」、「リヤスカート」、「スポーツマフラー」等が売られていて、装着することで外装の見た目のカスタマイズを行えます。

さらにヘッドライト、サイドミラー、バックドアに装着できるガーニッシュや通常モデルに装着されているより大きいインチサイズのホイール等も売られていて、モデリスタから発売されているパーツを装着することでアルファードの様々な箇所のカスタマイズが可能となっています。

他にも内装用のカスタムパーツとして、内装のLEDルームランプセット、バックドア用のラゲージLEDなども発売されていて、外装だけではなく、内装のカスタマイズも行えます。

また、アルファードの中古車市場には、モデリスタのパーツが装着された中古車が売られている場合があり、中古車購入後、モデリスタのパーツを買って装着するより価格を抑えて買える可能性があります。

特にモデリスタエアロを付けた中古車は中古車販売サイト等でも見つけやすくなっていて、モデリスタパーツが付いたアルファードを求めている方は、中古車で希望のスタイルを見つけることも十分可能となっています。

ただし、アルファード30系のモデリスタパーツ装備の中古車は通常モデルより値段が上がります。

エアロのみなどなら大きく値段が上がることは少ないですが、複数のモデリスタパーツが付いていると通常モデルと比べて50万近く値が上がる場合もあり、中古市場でもモデリスタパーツの価値は高く評価されている傾向にあります。

しかし、モデリスタパーツが付いたアルファード30系は通常モデルと違う見た目を楽しめる等の利点もあるので、見た目にこだわりたいなら、中古車市場が充実している今のタイミングでモデリスタモデルのアルファード30系中古車を狙っていくのは良い選択であると言えます。

アルファード30系を中古で買う際のおすすめモデルまとめ


引用:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/special/

アルファード30系は中古車で購入する場合、ガソリン車モデルの車両が求めやすい価格で売られていることが多くなっていて、ハイブリッド車の同モデルと比べると100万ほど値段が低く買える場合もあります。

特にモデルX、モデルS等のアルファード30系は中古車販売サイトでも見つけやすくなっていて、アルファードの中古車購入を考えている方は候補に入れやすくなっています。

さらに一部のアルファードの中古車には、モデリスタから発売されているエアロパーツ等のカスタムパーツが使われていることもあり、モデリスタパーツが付いた中古車を購入することで、通常モデルとは違う見た目を楽しむこともできます。

アルファード30系は中古市場でもラインナップが充実している状態にあるので、通常モデルのほかに、カスタムモデルやモデリスタモデルを見つけることもそこまで難しくない状態にあります。

モデリスタなどのカスタムモデルを価格を抑えて購入したい方は、中古市場も入念にチェックしてみましょう。

 

アルファードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

アルファードの新車がほしい!

最新型のアルファードは、スタイルが抜群なだけでなく、エンジンの性能が素晴らしくて非常にスムーズな走りを実現。インテリジェンスクリアランスソナーといった最新技術も搭載されて、近未来の世界に足を踏み入れたような感覚に陥る車になっています。

アルファードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!
モデルチェンジをするたびに、スタイルも性能もどんどん良くなってきています。

今となっては、下手に外車を買うよりも最新のアルファードに乗っていたほうが断然カッコいい!という感じではないでしょうか。

新車の情報は、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「アルファードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

けど、このような悩みをしっかり解決できる人なんて、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!