トヨタのアルファードは外装、内装に様々なオプションパーツが用意されていて、カスタマイズ性の高い車となっています。

また、アルファード30系のカスタマイズは外装、内装だけではなく、ホイールについても充実したラインナップが敷かれています。

今回はアルファード30系のホイールサイズ、カスタムホイールについて紹介していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

アルファード30系のホイールサイズは?大きくできる?


引用:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/special/

アルファード30系は複数のモデルが発売されていて、各モデルによって標準装備のタイヤサイズ、ホイールサイズが少し違っています。

例えば、アルファード30系の「モデルX」はガソリン車、ハイブリッド車共にタイヤサイズが「215/65R16 98H」となっていて、ホイールサイズは「16×6.5J+33」になっています。

しかし、モデルXよりグレードが高い「モデルS」や「モデルSA」は標準装備のタイヤサイズが「235/50R18 97V」となっており、ホイールサイズは「18×7.5J+45」と変わっています。

他にも「モデルG」、「モデルGF」、「ExecutiveLounge」は標準サイズが「225/60R17 99H」となっていて、ホイールサイズは「17×6.5J+33」とモデルX、モデルS等と違うサイズになります。

上記のようにアルファード30系は各モデルによってタイヤサイズ、ホイールサイズが違っていて、ホイールをカスタマイズする場合、各モデルに合わせたカスタムホイールの準備が必要になります。

また、アルファード30系でホイールのインチアップを考えている場合、アルファード30系はトヨタの純正オプションで一部モデルに別サイズのタイヤ、ホイールが装着可能となっていて、ローダウンを行った場合、19インチ~21インチのホイール装着も可能となっています。

特にホイールのカスタマイズを行う場合、20インチのカスタムホイールが選ばれることも多くなっていて、様々なメーカーから20インチのホイールが発売されています。

スポンサーリンク

アルファード30系のカスタムホイールにはどんなものがある?


引用:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/special/

アルファード30系はインターネットで少し検索するだけでも多くのカスタムホイールを探すことができる車となっていて、カスタムホイールを購入して装着すると、車の見た目を変えることができます。

ホイールは各ホイールについている「スポーク」と呼ばれる部分のデザインによってデザイン名称が違っていて、太めのスポークが中心から端に向けて数本伸びているのが「スポークタイプ」、短めのスポークが複数端に向けて伸びているのが「フィンタイプ」、中心から端まで短いスポークが網目状に張り巡らされているのが「メッシュタイプ」、中心から端まで皿のように大きく繋がっているのが「ディッシュタイプ」という名称になっています。

アルファードのカスタムホイールには、各デザインタイプのホイールが販売されていて、例えば、5本の太いスポークが付いた20インチのスポークタイプのホイールや細いスポークが20本以上繋がっている18インチのメッシュタイプのカスタムホイールなどがあります。

他にも10本近いスポークが並んだ形のフィンタイプのカスタムホイールなどもあり、様々な形から自身が好きなタイプを選んでカスタムホイールを装着できます。

さらにカスタムホイールは複数の配色が用意されている場合があって、例えば多くの車で見られる「シルバー」をベースにしたのホイールや「ブラック」をベースにしたホイール、「ゴールド」をベースにしたホイール等、デザインタイプの好きな形、配色を揃えてホイールのカスタマイズを行うこともできます。

アルファード30系はカスタムホイールに様々なデザインタイプが用意されていて、配色の選択肢も多いホイールもあるので、ホイールを変えるだけでも車の見た目を大きく変えることが可能となっています。

スポンサーリンク

アルファード30系で人気のカスタムホイールはこれ!


引用:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/special/

アルファード30系は様々なメーカーからカスタムホイールが発売されていて、自身が好きな形、色でホイールカスタマイズが狙える車となっています。

カスタムホイールは自身の好みで選べばいいですが、好みのホイールを探すうえでも、人気のあるホイールを知っておくことは重要です。様々なインターネットサイトでも人気ホイールが紹介されています。

特に「Graben680Evo」、「VORZA」、「PAVONE」等のホイールは複数のホイールサイズがあり、アルファード30系でも装着しやすいホイールとなっています。

Graden680Evo

引用:http://kranze.jp/graben680evo.html

Graben680Evoは「weds」というメーカーのブランド「Kranze」シリーズのカスタムホイールの1つです。

10本の短いスポークが繋がったフィンタイプのホイールとなっていて、サイズも18、19、20、22インチの4サイズが用意されており、アルファード30系でも装着可能となっています。

特に18インチを選んだ場合、アルファードは18インチまでならローダウンなしでカスタムホイールの装着が可能となっていることが多く、ホイールを変更して見た目変化を楽しむことができます。

また、19インチ、20インチを選んだ場合、ローダウンが必要になることがありますが、標準サイズより大きいホイールを付けてカスタマイズを楽しめます。

さらにGraden680Evoはホイールカラーが2色用意されていて、メタリックカラーベースのホイールとブラックベースのホイールを選んで装着できます。

Graden680Evoは複数のインチサイズを選べるカスタムホイールとなっていて、カラーも2色あるので、フィンタイプのホイールへのカスタマイズを考えているなら、候補に入れてみるのもおすすめです。

VORZA

引用:http://www.kspec.jp/silkblaze/catalog/exterior/wheel/vorza/index.html

VORZAは「SILKBLAZE」というメーカーから発売されているカスタムホイールの1つです。

細いスポークが20本繋がったフィンタイプのカスタムホイールとなっていて、複数の車種に使える汎用タイプなら18から20インチまでの3つのホイールサイズが用意されています。

さらにVORZAはトヨタから発売されているアルファードとヴェルファイアの20系、30系専用に作られた21インチのカスタムホイールも発売されていて、アルファード30系に装着する場合、標準ホイールと比べてホイールサイズを大きくすることが可能となっています。

また、VORZAはホイールの色がスポーク部分は「ダイヤモンドカット」、スポーク以外の部分は「ピアノブラック」となっていて、高級感が感じられる配色となっています。

VORZAはアルファード30系に装着する場合、ホイールサイズが大きい21インチが選択可能となっているので、大きなホイールを装着したい場合には、VORZAの装着を候補に入れてみるのもいいでしょう。

PAVONE

引用:https://minkara.carview.co.jp/article/segment/2017/maluzen/wheel/

PAVONEはメーカー「LOXARNY」から発売されているカスタムホイールです。

スポークが網目状に張られたメッシュタイプのカスタムホイールとなっていて、15インチから21インチまでとホイールサイズのラインナップも多くなっています。

アルファード30系に使う場合、19インチ、20インチが適応サイズとなっており、各モデルの30系に装着し、見た目の変化を楽しむことができます。

また、PAVONEは複数のカラーが用意されていて、19インチを選んだ場合は「ガンメタ」、「ブラック」の2色、20インチを選んだ場合はガンメタ、ブラックの他に「ブロンズクリア」が追加されます。

PAVONEはアルファード30系に装着した場合、ホイールのインチアップを行うことができ、複数のカラーも用意されているので、19インチ、20インチほどのカスタムホイールを求めている際には、PAVONEを候補に入れてみるのもおすすめです。

アルファード30系のカスタムホイールまとめ


引用:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/special/

アルファード30系はホイールをカスタマイズして楽しみやすい車となっていて、様々なメーカーから各デザインタイプのカスタムホイールが発売されています。

各モデルに合った標準サイズでホイールを交換するのも良いですが、アルファードはホイールのインチアップも可能な車なので、20インチ等の大きなホイールを装着し、見た目変化を楽しむこともできます。

フィンタイプなら「Graden680Evo」、メッシュタイプなら「PAVONE」等、様々なホイールが用意されていて、アルファード専用のインチサイズが用意されている「VORZA」などのカスタムホイールもあるので、自身が好きなサイズを選択し、見た目、カラーの選択肢も多くなっています。

今後アルファード30系のホイールカスタマイズを考えている方は今回の記事のホイールサイズ、ホイール情報等を参考に様々なカスタムホイールの装着を考えてみてください。

アルファードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

アルファードの新車がほしい!

最新型のアルファードは、スタイルが抜群なだけでなく、エンジンの性能が素晴らしくて非常にスムーズな走りを実現。インテリジェンスクリアランスソナーといった最新技術も搭載されて、近未来の世界に足を踏み入れたような感覚に陥る車になっています。

アルファードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!
モデルチェンジをするたびに、スタイルも性能もどんどん良くなってきています。

今となっては、下手に外車を買うよりも最新のアルファードに乗っていたほうが断然カッコいい!という感じではないでしょうか。

新車の情報は、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「アルファードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

けど、このような悩みをしっかり解決できる人なんて、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!