アルファード30系は各モデルによって内装にも違いがある車となっていて、高グレードモデルの30系を買うと内装もアップグレードされます。

しかし、低グレードのモデルも内装は豪華になっていて、過去のアルファード20系と比べると変化している部分なども多くなっています。

今回はアルファード30系の内装について紹介していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

アルファードと言えば内装!30系の内装を紹介

トヨタ・アルファードはミニバンの中でも評価が高い車となっていて、特に内装に関しては高い評価を得ています。

例えば、アルファードのモデルによって材質が変わるシートですが、最高グレードの「ExecutiveLounge」モデルに採用されている「プレミアムナッパ本皮」は柔らかく、座り心地が良いなどの高い評価を受けています。

他にもシートの材質には、「本革」、「合成皮革」、「ファブリック」等の素材が各モデルによって使われていて、アルファードのグレードが高くなるほど高価な素材がシートに使われています。

また、セカンドシートも各モデルによって様々な違いがあり、最高ランクのモデルには様々な機能が付いた「エグゼクティブラウンジシート」、アルファード30系GFモデル、SCモデル等には「エグゼクティブパワーシート」、モデルG、モデルX等には「リラックスキャプテンシート」、モデルXには「6:4分割のチップアップシート」が採用されています。

各セカンドシートにも多くの違いがありますが、エグゼクティブラウンジシートはプレミアムナッパ本革を使った高級感のあるセカンドシートとなっていて、奥行きも深く、広いシートとなっています。

エグゼクティブパワーシートは電動でのリクライニングが可能なセカンドシートになっていて、車に乗っている際に楽な姿勢を維持できます。

リラックスキャプテンシートはシート調整は手動になっていますが、830mmのロングスライドが可能なシートなので、シートを大きく倒して寝ることなども可能になっています。

6:4分割チップアップシートは8人乗りのモデルに採用されているシートとなっていて、車の2列目となるシートが3人座れる形のセカンドシートとなっています。

他にもアルファード30系はモデルによってコンソールボックスの違いなどもあり、グレードが高いモデルには「ハイグレードコンソールボックス」、低グレードのモデルには「スタンダードコンソールボックス」が採用されています。

ハイグレードコンソールボックスはアームレストの機能が付いた開閉式のボックスとなっていて、展開することで小物を入れたりすることも可能となっています。

スタンダードコンソールボックスはアームレスト機能はありませんが、ドリンク、小物を置けるスペースが確保されていて、運転中に財布等を置いておけます。

  

また、アルファード30系はハイブリッドモデル、エアロボディガソリンモデル、ガソリンモデルで採用されているメーターが違っていて、各モデルのメーターはデザインはほぼ同じですが、採用されている色が変わっています。

アルファード30系はシート、コンソールボックス、メーター等、モデルによって様々な内装に違いがあり、高グレードのモデルは高級感のある内装の仕上がりになっています。

スポンサーリンク

アルファード30系の内装のみどころはココ!

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/space/?padid=ag341_from_alphard_interior_contents_space

アルファード30系は各モデルによってシートの材質、種類の違い等があって、高グレードモデルのシートは座り心地が良くなっています。

しかし、各シートは材質が良い等だけが利点ではなく、他のみどころとして稼動範囲の広さも挙げられてます。

例えば、アルファード30系の7人乗りの一部モデルには、助手席のシートに「ロングスライドレール」という技術が使われていて、後部ドア付近まで助手席を後ろに下げることが可能となっています。

これによって助手席を大きく下げ、足を伸ばしてくつろぐことも可能となっていて、後部座席を使っていない時には、助手席に座っている人がかなり楽な姿勢で車に乗り続けることができます。

さらに3列目のシートは折りたたんで収納スペースを作ることもでき、大きな荷物がある際には、3列目シートをたたんで荷物スペースを確保可能になっています。

また、アルファード30系はモデルによって後部座席用のモニターが付いている場合があり、モニターを利用してテレビを楽しむなどの楽しみ方もできます。

アルファード30系の内装は長距離走行でも楽な姿勢の維持がしやすくなっていて、モニター搭載モデルならテレビ等の娯楽も用意されているので、長い間車に乗ることになっても楽しめるようになっています。

スポンサーリンク

20系と30系の内装を比較してみる

トヨタのアルファードは2008年に発売開始された20系モデルと2015年から発売開始された30系モデルで内装の変更が行われています。

例えば、アルファード30系は20系と比べて運転席、助手席のシート位置が10mmほど低くなっていて、一部のモデルでは、助手席に20系ではなかったロングスライドレールが採用されています。

30系はシート位置が下がっていますが、運転中の視点も大きく下がったわけではなく、20系と同じぐらいの視野を確保できているので、運転のしやすさはほとんど変化なしとなっています。

さらに2列目のシートも20系に比べてスライド可能範囲が広がっていて、2列目シートを大きく下げて足を伸ばすスペースの確保ができます。

また、3列目のシートは20系、30系共に折りたたんで収納スペースが確保できましたが、30系は折りたたんだ後のスペースが少し広くなっていて、大きな荷物を置きやすくなっています。

他にも内装の違いとして、20系は運転席のメーターが4メーター4眼タイプとなっていましたが、30系からは4メーター2眼タイプとなっていて、メーターサイズも大きくなっているので、メーター数値が見やすく変わっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/cockpit/?padid=ag341_from_alphard_interior_topnavi_cockpit

そして、他の変化として、20系のアルファードは内部に付いている照明が間接照明となっていましたが、30系からはLED照明に変わっていて、パネル操作でLEDの色、明るさを選択することができます。

例えば、LEDの色は全16色となっていて、青系の色や緑系の色、黄系の色などが選択可能であり、明るさも全4段階から選択可能となっています。
LEDの色、明るさは運転席、助手席からだけではなく、後部座席のスイッチでも操作可能なので、後部座席に乗っている人が好みで明るさを変えることも可能です。

アルファードは30系になってからシートの稼動範囲、メーターの変更、LED照明への変更等が行われていて、内装だけでも20系と比べて大きな違いがたくさんあります。

アルファードにシートカバーはしたほうがいいか?

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/space/?padid=ag341_from_alphard_navi_topnavi_space

トヨタのアルファードには、様々なメーカーから各シート用のシートカバーが販売されています。

シートカバーは変えることでシートの色の変更の変更に内装の雰囲気の変更や、防水化などが狙えます。

また、シートの素材によっては、シートカバーで汚れを防ぐよう対策をしておいた方がよい場合があります。

アルファード30系に関しては、モデル次第でシートに高級素材が使われています。特に合成皮革や本革を使用したモデルに関しては、もともと汚れに強い素材なので、小さな子供がいて頻繁に汚れるなどの事情がない限りは、シートカバーをしなくても問題ないでしょう。

しかし、モデルX、モデルS等に使われているファブリック素材のシートの場合、ファブリックは一度汚れると汚れが取り辛くなっているので、シートカバーを付けて汚れ防止をしておく方が無難です。

アルファードは全モデルでシートカバーを付けておくのが推奨されているわけではありませんが、ファブリック素材のシートは汚れが付くと取り辛くなってしまうので、素材次第でシートカバーの装着を考えてみるのもいいでしょう。

アルファード30系の内装まとめ

アルファード30系は20系に比べて内装の変更点も多くなっていて、特にシートのスペース確保がしやすくなっています。

助手席はロングスライドレール技術でかなりのスペースが確保可能になっていて、後部シートをたたんだ際の荷物スペースも広いので、大きな荷物も楽に積み込めます。

他にもモデル次第では、高級素材を使ったシートが使われていたり、後部座席用のテレビモニター等も付いているので、内装がかなり豪華で乗りやすい車となっています。

アルファードはミニバンの中でも評価が高い車なので、30系の購入を検討されていて、内装が気になる方は各シートの情報等を購入前の参考にしてみてください。

※モデル・グレード別インテリア等まとめ表

元データ(高画質)→https://toyota.jp/pages/contents/alphard/003_p_004/pdf/spec/alphard_equipment_compare_201712.pdf

アルファードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

アルファードの新車がほしい!

最新型のアルファードは、スタイルが抜群なだけでなく、エンジンの性能が素晴らしくて非常にスムーズな走りを実現。インテリジェンスクリアランスソナーといった最新技術も搭載されて、近未来の世界に足を踏み入れたような感覚に陥る車になっています。

アルファードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!
モデルチェンジをするたびに、スタイルも性能もどんどん良くなってきています。

今となっては、下手に外車を買うよりも最新のアルファードに乗っていたほうが断然カッコいい!という感じではないでしょうか。

新車の情報は、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「アルファードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

けど、このような悩みをしっかり解決できる人なんて、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!