引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

トヨタ・アルファードは2015年から第3世代となる「アルファード30系」が販売開始されていて、30系のモデルには、ガソリン車とハイブリッド車の2タイプが用意されています。

さらにアルファード30系は2017年にマイナーチェンジが発表されていて、2018年1月からマイナーチェンジが行われたアルファード30系の後期モデルが登場しています。

今回はアルファードの最新モデルとなるアルファード30系後期モデルの中古車関連の情報について紹介していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

アルファード新型車の中古車相場


引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

アルファード30系の後期モデルは2018年1月~販売開始された新しいモデルですが、2018年7月現在すでに中古車市場にも流れています。

中古車の値段はグレードによって違っていますが、新車で買うよりは本体価格を抑えやすくなっていて、走行距離が短く、修理歴もない良品も見つけやすくなっています。

例えば、アルファード30系後期の「モデルX」のガソリン車の場合、中古車は300~320万ほどで売られる車が多くなっていて、追加でオプション装備が付けられている車は320万以上の価格で売られていることもあります。

他にもエアロボディが採用されている「モデルS」の中古車はガソリン車タイプの場合、330~440万ほどの価格で売られている車両が多くなっています。

モデルSは中古車相場の価格幅がかなり大きくなっていますが、これは7人乗り、8人乗りなどのタイプ違いやモデルSの「Aパッケージ」、「Cパッケージ」等の装備違いも含まれているので、価格幅が大きくなっています。

また、アルファードはガソリン車だけではなく、ハイブリッドタイプのモデルも複数登場していて、30系後期モデルのハイブリッド車も中古車市場で見つけることができます。

例えば、ハイブリッド車のアルファード30系後期「モデルX」は中古車なら400万前後で売られることが多くなっていて、カスタムパーツ等が付けられていると430万ほどで売られている場合もあります。

他にもハイブリッドのモデルSRのカスタム車「モデルSR”Cパッケージ”」は540~550万ほどで中古車市場で売られているのが確認できました。

アルファード30系の後期モデルの中古車は新車価格が安いモデルでも現状は300万以上の価格で売られていて、グレード次第で400万以上、ハイブリッドタイプも400万以上と中古車で買うには価格が少し高くなっています。

スポンサーリンク

アルファード新型車の中古ならハイブリッド車がねらい目!


引用:https://toyota.jp/alphard/

新型アルファードを中古車で購入する場合には、ガソリン車ではなく、ハイブリッド車を購入することがおすすめされています。

理由として、アルファードハイブリッドはリセールバリューが高い車の1つとなっていて、短い期間で手放す場合、買取に出すとハイブリッドタイプの車は高額で買い取ってもらえる確率が高くなっています。

また、ハイブリッドモデルはガソリン車のモデルと比べた場合、一部モデルは内装の装備がランクアップされていて、内装のアップグレードを考えているなら、ハイブリッド車を購入しておくと最初からランクの高い装備が付いているという利点もあります。

新型アルファードは中古購入を考えている場合、ハイブリッドタイプは中古価格が高くなりますが、装備がランクアップされているなどの利点もあり、長期使用を考えているなら燃費も良いハイブリッド車の購入を考えてみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

アルファード新型ハイブリッドの燃費、性能は?


引用:https://toyota.jp/alphard/performance/?padid=ag341_from_alphard_navi_perf

新型アルファードはカタログを確認するとJC08モードで計測されたリッターあたりの燃費が記載されています。

ハイブリッドモデルは基本的に各モデルの燃費は同じとなっていて、JC08モードでの計測ならリッターあたり「18.4㎞」がカタログスペックとなっています。

ガソリンモデルは3.5リットルエンジン車は同じ計測方法で「10.6~10.8㎞」、2.5リットルエンジン車は「11.4~11.6㎞」がカタログスペックとなっているので、ガソリン車と比べてハイブリッド車は燃費がかなり良くなっています。

また、ハイブリットタイプは一部モデルのみカタログスペック上の燃費は違っていて、ハイブリッド車「モデルX」の8人乗りタイプは通常装備のままなら、JC08モードの計測で「19.4㎞」と他のハイブリッドモデルより燃費が優れています。

これは、モデルXの8人乗りは通常装備の場合、車両重量が他モデルと比べて軽くなっていて、車両重量が軽い分、リッターあたりの燃費が1㎞ほど伸びています。

さらにアルファード30系の後期モデルには、全モデルに最新の「Toyota Safety Sense」が採用されています。

Toyota Safety Senseは自動ブレーキ、追従ドライブ支援機能、自動ハイビーム、ロードサインアシスト等の機能を持った安全装置となっていて、前期モデルに採用されていたToyota Safety Senseの新型となっているので、性能も前期モデルに採用されていたシステムより上がっています。

新型アルファードは30系の前期と比べると燃費に関しては変わっていませんが、ガソリン車モデルと比べると燃費はかなり良く、安全システムも最新型になっているので、走行性能は前期モデルより向上しています。

アルファード新型車の中古を狙うなら、実は新車も視野に入る!?


引用:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

アルファード30系は前期モデルを購入する場合、中古車が候補に入りますが、後期モデルの購入を検討している際には、新車の購入も候補に入りやすくなっています。

理由として、2018年7月現在新型アルファードは中古車で購入しても新車との価格差が大きくはなく、装備次第では通常装備の新型車のほうが中古車より安くなる場合があります。

例えば、ガソリン車のモデルXで通常装備の場合、中古車は300~320万で購入が狙えますが、モデルXは新車購入だと「3,354,480~」が購入価格となっていて、安めの中古車と比べても30万ほどの価格差しかありません。

他にもハイブリッド車のモデルXの場合、中古車なら400万前後で購入が狙えますが、ハイブリッドのモデルXも新車価格は4,363,200~」となっていて、ガソリン車と同じで30万ほどの価格差しかなく、お得とは言い辛くなっています。

また、中古車で購入した場合、車検までの期間が新車と比べて短くなっている場合が多く、購入後に短い期間で車検に出すことになると車検費用もかかってしまいます。

さらに新車で買う際の利点として、新車購入なら各モデルの外装、内装の装備のランクアップを行うことができ、低グレードのモデルでも装備をカスタマイズすることで上位グレードのモデルに近づけることができます。

中古車購入の場合には、外装、内装の装備ランクアップが難しいことが多いので、購入前に内装等のランクアップが考えられるのは、新車購入時のメリットにもなっています。

新型アルファードは中古車と新車の価格がそれほど大きくなく、中古車には車検期間までが短い等のデメリットがある場合もあるので、モデルチェンジ、マイナーチェンジが行われない限りは新車で購入することも考えてみるのがおすすめです。

まとめ・アルファード新型ハイブリッド車の中古は買いか?


引用:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag341_from_alphard_navi_top

新型アルファードは2018年1月から販売開始されて新しいモデルですが、中古車市場にも少しずつ流れています。

アルファード30系の後期モデルは前期モデルと比べて燃費は変わりませんが、各モデルの安全システムに最新型が採用されていて、中古車で買っても燃費、安全面等で満足しやすい車となっています。

しかし、中古車は新車と比べて価格差が大きいわけではなく、装備のランクアップもし辛いので、新型アルファードを買うなら新車での購入も候補に入りやすくなっています。

今後、新型アルファードの購入を考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

アルファードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

アルファードの新車がほしい!

最新型のアルファードは、スタイルが抜群なだけでなく、エンジンの性能が素晴らしくて非常にスムーズな走りを実現。インテリジェンスクリアランスソナーといった最新技術も搭載されて、近未来の世界に足を踏み入れたような感覚に陥る車になっています。

アルファードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!
モデルチェンジをするたびに、スタイルも性能もどんどん良くなってきています。

今となっては、下手に外車を買うよりも最新のアルファードに乗っていたほうが断然カッコいい!という感じではないでしょうか。

新車の情報は、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「アルファードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

けど、このような悩みをしっかり解決できる人なんて、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!