トヨタ・アルファードはガソリン車、ハイブリッド車の2タイプが用意されていて、各エンジンタイプに合わせて様々なグレードも登場しています。

さらにガソリン車は2WD、4WDを選ぶことも可能となっていて、4WD仕様のアルファードは中古車市場でも売られています。

今回は4WD仕様の中古アルファードの情報について紹介していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

アルファード4WD仕様車の中古市場はどうなっている?

トヨタ・アルファードには、初期型となる10系、2代目の20系、3代目の30系の3つの種類があり、各系統に4WD仕様車が登場しています。

まず、初期型となる10系ですが、10系にはアルファードGとアルファードVという2つのモデルがあり、各モデルにAX、AS、MZ等のグレードがあります。

4WD仕様車は各グレードに用意されていて、ガソリン車タイプの10系の4WD仕様車に絞って中古車を探した場合には、大体「15~150万」ほどの価格で中古車を見つけられました。

アルファード10系は2002年に登場した古い車なので、販売価格が50万を切っている中古車も多くなっていますが、オプション装備などが付けられていて、走行距離が短く、修理歴がない10系の中古車は価格が100万を超えていることもあります。

また、アルファード10系は2003年からハイブリッドタイプも販売されていて、ハイブリッド10系の各グレード車は全て4WD仕様車となっています。

アルファードハイブリッド10系は中古車で購入を狙う場合、価格は大体「20~150万」ほどで売られていて、同じ10系のガソリン車と比べても大きな価格差はなく、4WD仕様のアルファードを狙うなら候補に入れやすくなっています。

次にアルファード20系ですが、アルファード20系には、2.4リットルと3.5リットルタイプのエンジン車が用意されていて、各エンジンタイプに「240S」、「350G」等のグレードが用意されています。

4WD仕様車は各グレードに用意されていて、20系のガソリン車の4WD車のみに絞って探した場合には、中古車は大体「100~310万」ほどの価格で見つけられました。

中古価格が低い20系はマイナーチェンジ前の前期モデルの車が多くなっていて、検索内容を2011年に登場した後期モデルの4WDのみに絞ると価格は大体「140~310万」と前期モデルを含んだ状態より上がりました。

ただし、アルファード20系の後期モデルは中古車市場で人気の高いモデルとなっていて、前期モデルと比べて一部改善等も行われているので、長期使用を考えた4WD仕様車の購入を考えているなら、20系の後期モデルは候補に入りやすいモデルとなっています。

また、アルファード20系も10系と同じく4WD仕様のハイブリッド車が販売されていて、ハイブリッドタイプのみで検索をかけると「150~450万」ほどの価格で中古車を発見できました。

10系の時とは違い、20系のハイブリッド車はガソリン車と比べて値段が少し上がっていて、グレード次第では、本体価格が250万を超えている車両も多くありました。

ただ、アルファードハイブリッド20系もガソリン車と同じく、20系後期モデルなら長期使用が狙いやすい良状態の中古車も多いので、燃費が良く、長期使える中古車を狙うなら、ハイブリッド20系の後期モデルも候補に入りやすくなっています。

さらにアルファードの第3世代となる30系の中古車ですが、アルファード30系も20系までのモデルと同じく、各グレードに4WD仕様車が用意されていて、中古車市場にも複数4WD仕様車が流れています。

30系の4WD仕様のみで検索をかけた場合、2.5リットルエンジン車の4WDは「260~450万」ほどで売られていて、低グレードのモデルXの4WD仕様車は300万以下で複数発見できました。

グレードが高くなると中古車価格も高くなっていますが、新車購入よりは30万ほど安く購入が狙えるようになっていて、少しでも価格を抑えたいなら4WD仕様の30系も候補に入れやすくなっています。

また、3.5リットルエンジン車の30系4WD仕様の場合には、中古価格は大体「360~630万」ほどとなっていました。

3.5リットルエンジン車は2.5リットル車に比べて価格幅が大きくなっていますが、これは「ExecutiveLounge」という最高グレードのモデルが含まれている為、中古車の価格幅が大きくなっています。

30系のガソリン車は4WD仕様のみで中古車を探した場合、安くても250万円以上と中古価格は高めになっていて、グレード次第では、300万を超えるモデルも多くなっているのが確認できました。

また、アルファード30系のハイブリッドモデルも4WD仕様となっていて、中古車市場にも出回っています。

ハイブリッド30系の中古車価格は大体「290~700万」ほどとなっていて、ハイブリッド車も3.5リットルエンジン車と同じく高グレード車を含めているので、価格幅が大きくなっています。

アルファードは10系、20系、30系と長く続いているモデルとなっていて、各系統に4WD仕様車が用意されていますが、20系以降の中古車になるとグレード次第で中古価格が高いモデルも多くあります。

スポンサーリンク

アルファード4WD仕様車を中古で買うならねらい目はこのモデル!


引用:http://www2.toyota.co.jp/jp/news/11/09/nt11_033.html

トヨタ・アルファードには、10系、20系、30系と複数の系統があり、中古車で買う場合には、どの系統のどのグレードを買うべきか悩む方も多くなっています。

さらに4WD仕様車のみに限定した場合、購入候補に入れられる中古車の数が減ってしまいます。

4WD仕様でアルファードの中古車購入を考えている場合には、ガソリン車なら20系の「240X」、「350S”Cパッケージ”」、ハイブリッド車なら20系の「ハイブリッドG”Lパッケージ”」などの購入考えてみるのはどうでしょうか。

20系のモデル240Xは中古車なら「140~300万」ほどの価格で売られている8人乗り可能なモデルです。

アルファード20系の4WD仕様車の中では、他のグレードと比べると内装等の装備ランクは低いですが、中古車価格が低いモデルとなっていて、価格を抑えてアルファード4WD仕様車の購入を狙う場合には、候補に入れやすくなっています。

他にもアルファード20系の350S”Cパッケージ”はモデル350Sのカスタム車となっていて、通常の350Sよりシートなどの装備ランクが高く、中古車なら「150~320万」ほどで購入が狙えます。

走行距離が短く、修理歴がない350SのCパッケージを狙う場合には、車両価格が200万を超えてしまうことも多いですが、200万円台なら走行距離が5万㎞ほどの中古車も売られていて、長く使えて装備が充実したアルファードを求めている場合には、候補に入ります。

さらに4WD仕様のアルファードを中古車で狙う場合、各モデルに4WDが採用されているハイブリッド車も候補に入りやすくなっていて、20系ならハイブリッドGのLパッケージは中古車販売数が多めで探しやすい車となっています。

ハイブリッドG”Lパッケージ”は通常のハイブリッドGの装備をアップグレードしたカスタム車となっていて、中古車市場なら「230~420万」ほどの価格で見つけられます。

ガソリン車と比べると本体価格は高くなりますが、ハイブリッド車なので、リッターあたりの燃費が良く、年間のガソリン費を抑えて長期使用が狙えます。

さらに通常モデルと比べて各装備のランクも高いので、乗り心地も良く、長期使用の4WD仕様車を求めている場合には、ハイブリッドG”Lパッケージ”を候補に入れるのも良いと思います。

アルファードの中古車で4WD仕様車を狙う場合、ガソリン車なら240X、350S”Cパッケージ”などを狙うのが良く、ハイブリッド車も購入候補に入るならハイブリッドG”Lパッケージ”等も候補に入れやすくなっています。

スポンサーリンク

アルファード4WDの性能は?雪道は大丈夫?


引用:https://toyota.jp/lifestyle/carlifenavi/p2-4wd/

アルファードの4WD仕様車を購入した場合、4WD仕様の性能や雪道性能が気になる方も多くなっています。

アルファードの4WD仕様車を実際に使用している方は口コミサイト等にレビューを書いていて、例えば「価格.com」、「みんカラ」等のサイトでも4WDに関する書き込みがあります。

基本的に口コミサイトでは、アルファード4WD仕様車の評価は高くなっていて、雪道等でもスリップせず、快適な走行ができるとの評価が多くあります。

また、アルファードを雪道で使うことが前提になる場合、新車購入なら購入時に「寒冷地仕様」という特別仕様車を購入することも可能となっています。

寒冷地仕様車は冷却水の濃度が高くなっていたり、フロントドアガラスが低グレードモデルでも撥水機能が付いていたりなど、通常仕様のモデルから寒冷地用にカスタマイズされていて、雪が降る地域にお住まいの方は寒冷地仕様車を購入すると冬の時期でも安定した走行が期待できます。

アルファードは4WD仕様車のレビュー評価も高めとなっていて、雪が降る地域向けに寒冷地仕様車なども用意されているので、中古車でも使用地域に合わせて寒冷地仕様車を探して買うと雪道でも安定した走行が狙えます。

アルファード4WD仕様の中古車・まとめ


引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

アルファードは10系、20系、30系の全ての系統で複数のグレードが登場していて、各グレードには、4WD仕様車も用意されています。

4WD仕様車は中古車としても多く流れていて、特にアルファード20系は4WDの中古車もたくさんあり、4WDのミニバンを求めている方は候補に入れやすくなっています。

さらに雪が降る地域での使用を考えている場合、寒冷地仕様車なども用意されていて、中古車でも寒冷地仕様を購入しておくと冬場の雪道でも快適な走行が期待できます。

今後、アルファードの4WD仕様車の購入を考えている際には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

アルファードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

アルファードの新車がほしい!

最新型のアルファードは、スタイルが抜群なだけでなく、エンジンの性能が素晴らしくて非常にスムーズな走りを実現。インテリジェンスクリアランスソナーといった最新技術も搭載されて、近未来の世界に足を踏み入れたような感覚に陥る車になっています。

アルファードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!
モデルチェンジをするたびに、スタイルも性能もどんどん良くなってきています。

今となっては、下手に外車を買うよりも最新のアルファードに乗っていたほうが断然カッコいい!という感じではないでしょうか。

新車の情報は、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「アルファードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

けど、このような悩みをしっかり解決できる人なんて、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!