新型アルファード(30系後期型)は外装、内装ともに更なる進化を遂げ、販売開始(2018年1月)から半年近くが経過しても、早くで4か月後納車という人気ぶりを誇っています。

アルファードはデザイン性の高いが外観、高級感があり、機能性も抜群の内装がともに高く評価され、非常に人気の高い車ですが、一方、高級車ミニバンという位置づけで、価格もかなり高く設定されています。

そう、アルファードは値引きを限界まで頑張りたい車なのです。(笑)

という訳で、この記事では、新型アルファードの値引き相場、値引き情報に関する口コミをまとめ、最後に、具体的な値引き術について言及をしていきたいと思います。

ゆうすけゆうすけ

ほんとアルファードは高いからな~(^^;
値引きは本気出すよね。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

アルファード新型車の値引き相場は?一般的な値引き相場を調査!

引用:https://toyota.jp/alphard/

まずは、アルファード新型車は現実的にどのくらいまで値引きが可能なのか、情報を収集していきます。

新車の値引き額の相場は、ネット上でもかなりの数のサイトが公開しているので、その数字を頼りに値引き相場を探っていきました。

結果は以下の表のとおリ。

 

本体値引き額(目標) オプション値引き(目標) 総合値引き額(目標) 限界値引き額
サイトA 26万円 30万円 38万円
サイトB 27万円 8万円 35万円 40万円
サイトC 27万円 10~20%オフ 37万円
サイトD 25万円
サイトE 27万円 5万円 30万円 32万円
サイトF 30万円 10万円 40万円
サイトG 37万円 3万円 40万円
サイトH 26.6万円
サイトI 28万円 4万円 32万円

※スマホで表が見づらい時は、スマホを横向きにしてご覧ください。

合計9つのサイトを調査しました。

目標値や限界値、本体値引きやオプション値引きなど、サイトによって数字の整理の仕方が異なったので、ひとまずサイトの表現をそのまま尊重する形で並べています。

端的に「いくら値引きできるの?」という視点で見ると、最大で40万円、最小で26.6万円となっています。(オプション値引きに言及していないサイトDは除外します。)

ひとまず25万円以上の値引きは可能、と言えそうですが、最小と最大で13.4万円と、小さいとは言えない差があります。

オプション値引きに言及していないサイトDを除いた上で、各サイトの最大値引き額を平均してみると35.7万円。

現状、35万円程度値引き出来れば十分な値引きができた、と言えるでしょう。

ゆうすけゆうすけ

結構値引けるもんなんだね~!

自分の月収より値引き額のほうが高いわ!

 

スポンサーリンク

アルファード新型車の値引き、どこまで行けた?口コミから調査!

次に、現実問題として、新型アルファードはどこまで値引きできるのか調査してみます。

価格情報のキュレーションサイト、「価格.com」にて新型アルファードが実際どのくらい値引きできたのかについて調べてみました。

新型アルファード(ガソリン車)の値引き情報

引用:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/70100110661/

表示は「2015年モデル」となっていますが、2018年1月以降に購入されたものは2017年末のマイナーチェンジが終わった後のモデルですので、現行、最新の新型アルファード(30系後期型)と言えます。

なので、2018年1月以降に購入されているものに絞って、新型アルファードの値引き額をピックアップしました。

表を見ると、5件中4件がアルファードS”Cパッケージ”です。

さすが、一番人気モデルですね。

アルファードS”Cパッケージ”は、2.5Lガソリン車・エアロボディの最上位モデルで、新型アルファードの中で最も人気が高いモデルです。

リセールバリューも他のモデルに比べ高く、人気があるがゆえに(リセールバリューが上がり)より人気が出るという人気上昇スパイラルの只中にあるモデルとも言えます。

S”Cパッケージ”の他にS”Aパッケージ”がありますが、こちらに関しては値引き額がなんと0円。

レビューも調べましたが、値引きに関しては何も言及していませんでした。

値引き交渉をしなかったのでしょうか…

気を取り直して、一番人気、アルファードS”Cパッケージ”の値引き額を見ていきましょう。

最高額は表の一番上、福岡県の方が本単値引き25万、オプション値引き15万の合計40万の値引きに成功しています。

次いで、東京都と埼玉県で35万円の値引きに成功している方がそれぞれ1名ずつ、最も値引きできていない長野県の方も30万円の値引きに成功しています。

時期的には、1月、2月、5月購入とばらばらに見えますが、購入を5月としてる福岡の方のコメントで、1月に契約して5月に納車、とあるので、納車のタイミングのタイミングを購入のタイミングとしている方と、契約のタイミングを購入のタイミングとしている方が入り組んでいるだけで、みなさん1月~2月に契約をしたものと推測できます。

つまり、販売開始直後で30万以上の値引きを引き出しているということですね。

先にご紹介をした、ウェブサイト上の値引き相場ともほぼ一致していますが、ウェブサイト上の相場は2018年6月~7月のものなので、発売当初よりも値引き額は上がっているはずで、そう考えると1月~2月の契約で30~40万の値引きを引き出しているというのは、かなりすごいことと言えそうです。

逆に、頑張ればかなり値引き額も伸ばせるということかもしれませんね。

新型アルファード・ハイブリッドの値引き情報

引用:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/70100110384/

次に、新型アルファード・ハイブリッド車の値引き情報を見てみましょう。

ハイブリッド車に関しては、30系後期モデルに絞ると値引き情報は一つしか出てきませんでした。

やはりガソリン車のほうが売れているんでしょうね。

値引き額はガソリン車の最高額と同額の40万円

この方も3月購入とありますので、販売開始からかなり間もないタイミングで購入に踏み切っていますが、かなりの値引き額を引き出しています。

ハイブリッド車はガソリン車と比較すると価格が高く、その分値引きがしやすい面もあると考えられますが、それでも40万値引き出来たらかなりの成功例と言えると思われます。

価格.comに値引き額を投稿する人はみな値引きのプロなのでしょうか…

ゆうすけゆうすけ

値引きにも技術がいるのか~。

参考・新型ヴェルファイアの値引き情報

アルファードの姉妹車であるヴェルファイアもアルファードと同時期の2017年末にマイナーチェンジがされ、新型の販売が2018年1月よりスタートしています。

アルファードと直接関係はありませんが、競合車として値引き交渉のネタとして使える情報ではあるので、併せて調査してみました。

こちらが価格.comの新型ヴェルファイア値引き情報です。

引用:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/70100110662/

アルファードと比べると件数の数が多く、また値引き幅も落差が激しいです。

最低額は10万~最高額はなんと55万となっていますね。ただし、オプション値引きのみで55万円の値引きがされているので、かなり特殊な背景があったことが推察されます。

本体値引きに関しても10万~40万と差が大きいですが、平均値引き額は28.75万円と、アルファードよりもおとなしい数字に落ち着きます。

個別に見ても30万に届かないケースが全体の4分の3を占めていますので、新型ヴェルファイアも値引きは簡単でない事がうかがえます。

最高値引き額などの極端な例を交渉の材料にするか、自分でもヴェルファイアの見積もりを取ってみて、値引き額でアルファードと競わせる、という使い方がよさそうですね。

ゆうすけゆうすけ

なるほどね~。敢えてヴェルファイアの値引き額も出しておけば、アルファードも下げざるを得ないもんね~。

 

スポンサーリンク

アルファード新型車を最大限値引くにはどうすればいい?

さて、アルファードの値引き額についてみてきましたが、上手に高い値引き額を引き出すには、ある程度の交渉術が必要となります。

以下、新型アルファードを最大限値引くための交渉術をご紹介していきます。

ゆうすけゆうすけ

待ってました~(^^♪

アルファードに「決めている」そぶりを見せない

ディーラーを強気にさせないためには、車種選びから迷っている風な演出をすることが重要です。

「アルファードを購入することは決めている」と思われると、ディーラーの強気なペースで商談が進んでしまう可能性があり、値引きを引き出しにくくなってしまいます。

「ミニバンで検討しています…」

「ファミリーカーを探しています…」

といった、ある程度あいまいさを残した表現で、ディーラー側から積極的に提案をしてくる関係性をつくっていきましょう。

競合車と実際に競合させる

ただ迷ったそぶりを見せても、アルファードを提案されたとたんにアルファードに決めてしまっては意味がありません。

アルファードを提案された後も、具体的な競合車の名前を出して、検討していきたい旨を伝えます。

アルファードの競合だと、姉妹車である「ヴェルファイア」、同じくトヨタ車の「エスティマ」、ホンダ「オデッセイ」、日産「エルグランド」などがあります。

余裕があれば、ヴェルファイアを扱っているトヨタネッツ店やホンダ、日産のディーラーに実際に足を運んで、見積りをもらってきましょう。

もちろん、この際にもアルファードを値引くが如くの交渉術を同じように使って、最大限の値引き額を引き出せるようにしていきます。

ゆうすけゆうすけ

確かに、ヴェルファイア以外にも、他メーカーの競合車と競わせたらより値引けそうだよね。

他県のディーラーと競合させる

更に足を動かせるなら、隣県のディーラーに行って見積りを取ってくるのも一つです。

ディーラーは県(商圏)ごとに資本が別れていますので、県をまたげば同じ看板でも全くの別会社、つまり、競合店となります。

なので、最寄りの隣県所在のディーラーに行って見積りを取り、値引き合戦をさせることで、最大限値引きを引き出すことが可能です。

競合車をぶつける場合は。車の性能やリセールバリューなど、様々な理由をつけて値引き額を調整する余地が大きいですが、同じ車種同士のぶつかりとなれば、これはもう価格で争うしかありませんので、両者とも頑張るしかありません

他県ディーラーとの競合は、可能であればぜひやっておいて欲しい交渉術の一つです。

ゆうすけゆうすけ

このやり方はなかなかエグイね~(笑)

ちょっと移動とか面倒だけど、ここまでやったら自分でもやり切ったって気持ちになれそうだね。

 

アルファード新型車の値引きデータと交渉術・まとめ

引用:https://toyota.jp/alphard/

アルファード新型車の値引きデータと交渉術についてみてきましたが、いかがだったでしょうか?

値引き相場と交渉術を把握しておけば、購入時に無理なく、最適な値引き額を引き出せる確率がぐんと上がります。

ディーラーに新型アルファードを見に行く際には、ぜひ、値引き相場を交渉術を再度チェックし、現場でしっかりと交渉が出来るようにしておいてください。

ゆうすけゆうすけ

頑張れば一か月分のお給料くらい値引けると考えれば、頑張る価値はあるよね!

アルファードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

アルファードの新車がほしい!

最新型のアルファードは、スタイルが抜群なだけでなく、エンジンの性能が素晴らしくて非常にスムーズな走りを実現。インテリジェンスクリアランスソナーといった最新技術も搭載されて、近未来の世界に足を踏み入れたような感覚に陥る車になっています。

アルファードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!
モデルチェンジをするたびに、スタイルも性能もどんどん良くなってきています。

今となっては、下手に外車を買うよりも最新のアルファードに乗っていたほうが断然カッコいい!という感じではないでしょうか。

新車の情報は、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「アルファードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

けど、このような悩みをしっかり解決できる人なんて、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!