ミニバンのジャンルで絶大な人気を誇るアルファード。

人気の源は広くて高級感のある内装ばかりではなく、スタイリッシュな外装にもあります。

新型アルファードはノーマルの状態でもかなりインパクトのある外見をしていますが、純正のエアロパーツをはじめ、エアロやアクセサリーなどのカスタムパーツも充実しています。

この記事では、アルファードのカスタムモデルの中でも最も華やかなモデリスタカスタムに注目していきます。

ともみともみ

モデリスタカスタムいいよね~♪

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

アルファード新型車の主なカスタムは3種類

アルファードのカスタム仕様車には、トヨタの息がかかったモノだけでも3種類もあります。

純正エアロボディ

1つは、純正のエアロボディ仕様。

こちらははじめからアルファードのラインナップとして用意されているエアロカスタム仕様車です。

フロントマスクのインパクトが増し、よりスタイリッシュな外見になっています。

更に、メッキパーツ等のアクセサリーも用意されていて、純正でもかなり華やかなカスタムを施すことが可能となっています。

TRDカスタム

トヨタのモータースポーツ部門を担うTRDからもアルファード用のカスタムパーツが発売されています。

エアロや外装のカスタムだけでなく、ダンパーやスタビライザーなどもあり、ルックスに加えて走りまで洗練してくれる仕様になっています。

モデリスタカスタム

TRDが走りなら、モデリスタカスタムはドレスアップ。

外見の洗練に重きを置いた仕様のカスタムがモデリスタカスタムです。

以下詳しくモデリスタカスタムについて見ていきますが、軽く見比べるだけでもドレスアップ感が最も強いのがモデリスタであることがわかりますよね。

純正やTRDカスタムについては、こちらの記事でも解説していますので、チェックしてみてください。

アルファード新型車のエアロ・カスタム比較!純正・TRD・モデリスタ、あなたはどれを選ぶ?

ゆうすけゆうすけ

カスタムごとに特徴が全然違うね~

スポンサーリンク

そもそも、モデリスタとは?

引用:https://www.modellista.co.jp/brand/about/

モデリスタとは、株式会社 トヨタカスタマイジング&ディベロップメントというトヨタの子会社が運営するカスタマイズブランドです。

「夢と誇りをすべてのお客様へ」という価値観のもとに、トヨタ車をはじめレクサス車などのカスタムパーツの開発も行っています。

手掛けるパーツは外装だけでなく、インテリアやパネル、ステアリングに至るまで、車全般のカスタマイズに対応しています。

引用:https://www.modellista.co.jp/brand/value/

取り扱っている車種も幅広く、トヨタ車全般のカスタムを行っています。

引用:https://www.modellista.co.jp/brand/value/

引用:https://www.modellista.co.jp/product/

モデリスタの歴史

モデリスタブランドは、トヨタが顧客と接するうえで上がってくる顧客からの要望に対応するために、1997年に立ち上げられたカスタムブランドです。

標準装備の車を購入した顧客からのリクエストに応じ、外見や内装のカスタム、コンプリートカーの創造などを行ってきました。

モデリスタによってカスタムされてきた車たち

モデリスタでは、20年にわたり、様々な車種のカスタマイズを行ってきました。

その一部をご紹介します。

※以下https://www.modellista.co.jp/brand/history/より画像引用

PX-01(1997)

モデリスタ初となるコンプリートカーがこのPX-01です。

スポーティーな丸目4灯ヘッドライトや大型フォグランプ等、当時としてはかなりインパクトのあるフロントマスクに仕上げていました。

アルテッツァクオリタート(1999)

スポーツカー志向の若者向けに、より一層走りと機能を追求したアルテッツァ。

専用エアロパーツ、専用グリル、専用アルミホイール等を装着し、洗練された流麗なスタイリングを演出しました。

CASERTA(2000)

MR-Sをベースとした、大人のためのミッドシップ・オープン2シーターとして開発されたCASERTA。

ラテンテイストを基調としたスタイリングは独特の雰囲気を持ち、現代においても存在感がある車種。

走行性能に対してもこだわりのチューンが施されています。

150台が限定生産。

ALPHARD&VELLFIRE(2008)

2008年にアルファードとヴェルファイアをモデリスタがカスタマイズしたことが、ミニバンをカスタマイズする動きの先駆けとなりました。

当時の開発コンセプトは、アルファードが「輝・豪・美」~絶世の輝き、羨望のフォルム~、ヴェルファイア:が「メカ・スタイリッシュ」~知的に煌く先進のフォルム~。

煌めき、というコンセプトは現在のVOXYなどにも承継されていますね。

PRIUS(2015)

エッジの利いた外観に進化したプリウスをさらにドレスアップしたモデリスタカスタム。

プリウスの特徴をさらに主張する「ICONIC STYLE」と、ワンランク上のプレミアムスタイル「UP-GRADE STYLE」の2バージョンを展開しています。

フロントスポイラーやフィンアンテナにLEDを内蔵するなど、先進感を演出しています。

ALPHARD/VELLFIRE Royal Lounge(2015)

リヤキャビン2席の専用VIPシートや、24インチ液晶ディスプレイ、JBLプレミアムサウンドシステムなどの「くつろぎ」と「おもてなし」を提供する充実した装備により、心から安らぐ空間を実現したアルファードロイヤルラウンジはモデリスタブランドが開発したものです。

今でもアルファードの注目モデルとして話題性抜群のモデルですね。

ゆうすけゆうすけ

ロイヤルラウンジってモデリスタのカスタムだったんだね~。

スポンサーリンク

アルファード新型車モデリスタカスタムとその他のカスタムとの違い

新型アルファードのカスタムには、純正のエアロボディ、TRDカスタム、モデリスタカスタムがあることは最初にご紹介しました。

厳密にいえば、TRDカスタムとモデリスタカスタムは純正エアロボディをベースにカスタムを加えているので、純正エアロ+αのカスタムとも言えます。

なので、当然ですがカスタム車としての個性が強くなるのはTRDとモデリスタカスタムの2つ。

それぞれの特徴をまとめると、純正エアロは他のカスタムと比較すれば、シンプルでそつがないデザインに仕上がっています。(とは言え、純正のアクセサリーをフル装備すれば他のカスタムにはないシャープで精悍な見た目を手に入れることができます。)

TRDはトヨタのモータースポーツ部門を担う部隊だけあって、カスタムの外見もスポーティです。特に2本のエッジが立ったフロントスポイラーとLEDが印象的ですね。

モデリスタは3種類のカスタムの中で最もドレッシーな仕上がりです。外見の華やかさで言えばモデリスタが一番ですね。

ともみともみ

私はモデリスタが一番好みかな~♪

アルファード新型車モデリスタカスタムの注目ポイントはここ!

引用:https://www.modellista.co.jp/product/alphard/

新型アルファードモデリスタカスタマイズの特徴をもう少し細かく見ていきましょう。

なんといっても注目したいのはフロントマスクのカスタマイズです。

※以下画像はhttps://www.modellista.co.jp/product/alphard/special/より引用

こちらはフロントスポイラー、シグネチャーイルミブレード、フロントグリルカバー、ヘッドライトガーニッシュの4種類のアクセサリーで構成されていますが、それぞれがほかのカスタムにはない魅力を持っています。

フロントスポイラー

まず注目したいのはフロントスポイラーです。

メッキパーツとブラックマイカの塗装パーツが組み合わされ、スタイリッシュに高級感が演出されています。

デザイン性が高く、純正のフロントガーニッシュとは次元を異にする存在感がありますね。

こちらが純正のフロントガーニッシュ。そもそもボディの一部をメッキ化する仕様で、デザインの追加がないので、デザイン性で見ればモデリスタのフロントスポイラーとの差は歴然となってしまいます。

シグネチャーイルミブレード

次に、シグネチャーイルミブレード。

こちらもほかのカスタムにはないパーツで、大胆に発光パーツを追加しています。

純正アクセサリーやTRDもLEDの追加はありますが、あくまでも直線的なラインの一部に追加したものであり、このシグネチャーイルミブレードのように、エアロの輪郭に沿って長く設置されたものではありません。

このLEDの存在感は唯一無二であり、モデリスタカスタムをするなら外せないパーツとなるでしょう。

フロントグリルカバー

フロントグリルのメッキカバーをエクステンドしているのはアルファード新型のカスタムの中でもモデリスタだけです。

このカスタムはフロントマスクの華やかさを大幅にアップさせており、モデリスタカスタムの大きな特徴の一つと言えるでしょう。

この部分のカスタムが欲しくてモデリスタを選ぶ方も少なくないでしょう。

ヘッドライトガーニッシュ

フロントグリルカバーと並び、フロントのメッキの面積をアップさせるとともに、ヘッドライトのラインをエクステンドすることでフロントマスクをより一層精悍にするヘッドライトガーニッシュ。

この装備もモデリスタカスタムのみが持つ特徴的なパーツの一つです。

フロントの華やかさは唯一無二!

フロントスポイラー、シグネチャーイルミブレード、フロントグリルカバー、ヘッドライトガーニッシュと、モデリスタカスタムのフロント装備をフル装備した際の新型アルファードのフロントマスクの華やかさは、ほかのカスタムモデルとは一線を画します

まさに唯一無二と言える仕上がり。

これにモデリスタが用意している20インチホイールと、サイドミラーガーニッシュも装備すれば、前面のスタイルは完璧です。

人気車種であるため、公道でも頻繁に目にするのがアルファードですが、モデリスタでフルカスタムをしていれば、その存在感が埋もれてしまうことはまずありません

新型アルファードのカスタムで最も華やかなモデリスタカスタム、あなたも検討してみてはいかがでしょうか。

ゆうすけゆうすけ

モデリスタかっこいいな~。アルファードはカスタムもし甲斐がある車だね!

アルファードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

アルファードの新車がほしい!

最新型のアルファードは、スタイルが抜群なだけでなく、エンジンの性能が素晴らしくて非常にスムーズな走りを実現。インテリジェンスクリアランスソナーといった最新技術も搭載されて、近未来の世界に足を踏み入れたような感覚に陥る車になっています。

アルファードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!
モデルチェンジをするたびに、スタイルも性能もどんどん良くなってきています。

今となっては、下手に外車を買うよりも最新のアルファードに乗っていたほうが断然カッコいい!という感じではないでしょうか。

新車の情報は、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「アルファードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

けど、このような悩みをしっかり解決できる人なんて、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!